P1158695

ひかるへちま が あらわれた!!!



っていうか暇を持て余して

ランプ仕立てにしてみました・・。



実家の干し芋づくりの様子。
ふかして、切って、干して。
単純だけど、根気のいる作業。雨が降る前に取り込まないといけないし。

というか
ブログ作業のテスト中です

ブログ内に画像をのせてしまえば、画像フォルダから画像を削除してもよいか


PC068535

どうなるのでしょうか??



PB288424

最近、ときどき、スイーツサンタさんからの福島銘菓。

今回は、柏屋さんのおかしをいただきました。

名前は『ココレ』

ココアのお菓子・・かな?


PB288425


なにやら書いてることには・・

『フワッとしたやわらかいココアパンケーキと、ココア味の中身。
そして、なんということでしょう!あんこがクリームの中に!
繊細なブランデーの香りが美味しいスイーツです。』

一見どら焼きだけど、ブランデーも香るお菓子みたい。

PB288426

PB288427


190キロカロリー♪
たんぱく質も2.5g。さすがあんこ!

では、開けてみましょうか


PB288428

うわわ!
上品なココアの香り♡
伝われ~~!!!

そして見るからにしっとり感。


PB288430

あんこ?何??というミラクルな一体感。

カカオの香りに、あっさりした甘み。

ふわっと&しっとりしていて
こういう毛布にくるまれたい気分・・

たいへんおいしくいただきました。
ごちそうさまでした!


今日はアールグレーの紅茶と一緒にいただいたのですが
ワインとか、
ウイスキーも
中に入っているしブランデーも合いそう!

楽天にオンラインショップ発見☆
3000円で送料無料!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

cocole(ココレ)6個入
価格:1080円(税込、送料別) (2018/11/28時点)

楽天で購入



バレンタインにも、いいかもしれませんね。



そういえばスイーツサンタさんからの
ワインもあったっけ・・


次回、『ワインとスイーツのゆうべ』

決行してみたいと思います♪


☆おまけ☆

柏屋さんの名物薄皮まんじゅう。
キャラクターのうすかわくんが躍る『USA』から目が離せません!



福島県郡山市にあるお菓子屋さん「三万石」

「ままどおる」「エキソンパイ」「三千里」・・
大好きな福島の銘菓がたくさんあります!




なんとそのままどおるに、毎年期間限定の

「チョコままどおる」なるものが登場しているというではありませんか。



tyokomamado




というわけで
さっそく入手!


PA248185

ん?裏面ドット模様かなと思いきや

PA248186

ぽちぽち空気穴発見!

PA248187

繊細さがうかがえるパッケージ。
ノーマルもきっとこの穴空いているんでしょうが
全然気づきませんでした。


チョコ味に合わせて、紅茶をいれて・・
最近、グラム数とか湯温をはかるのが、マイブーム♪
PA248188

PA248189
PA248191

ママとドールで「ままどおる」かと思いきや
三万石HPによると

ままどおるはスペイン語で「お乳をのむ子」という意味があります。

だって。
ふうん・・そっか。

イマイチピンとこない感じですが、
チョコ味を堪能してまいりましょう♪

ぱかっとな

PA248193

この、うすい紙が銘菓感。

で、本体というか中身はこちら!


PA248194
PA248195
PA248196

mamador の「 r 」がんばっている!
ワッフル生地のような、ふわふわな生地。
そしてとってもしっとりしています。

紅茶が入りましたので、いただきましょう。

ひとつでいろいろ愉しもうと、
カットさせていただきました。

PA248200



PA248199

手前から時計回りに

①そのまま味わう
②抹茶
③藻塩
④ウイスキー
⑤シナモン
⑥きなこ

で味わってみました。



ゆっくりじっくり、
秋のティータイム。


チョコというか、カカオの深い味わい。
白あん?洋とも和ともわからない
しっとりじんわりした美味しさ!

このくちどけの良さが好きです!


味は、どれも受け入れて仲良く調和。
フトコロの深さを感じざるを得ません!



美味しくいただきました。
ごちそうさまでした!



食べ終えたお皿が
小宇宙ぽい。


PA248205




これから冬に向けて
寒くなるのはイヤだけど
夜空は澄んでいくのでしょうね・・


そんなことを考えながら
秋の夜空を
愉しむ仕掛けを考え中です☆




今年の夏に購入した、ひのきのおちょこ。

キリっと冷えた日本酒でいっぱいやったら
なんだか風流じゃないかな?
と思って。



しかし!


実際に日本酒を入れて
のんでみたところ・・・


「日本酒のんでる気分になれない!」
 

なんでかというと
私にとって

ひのきの香りのイメージ=ひのき風呂

っていうところから抜けだせなくて。
お酒を飲んでるのか
お風呂に入っているのか
脳が混乱。

そして脳が出した答えが「今お風呂?」


まだまだ通には程遠いな~と
思っていたのですが
夏が終わり
秋の訪れとともに
新たなインスピレーションがやってきました。



それがこちら


PA037959


Japanese Dry GIN 『桜尾』

なんと、日本で作られたジンなんです!

ジンとひのきの相性がバツグン☆
お互い引きたて合っています。

たしかジンの味付け?香り付けは
ジュニパーベリーとかいう杉とか松っぽい植物だったはずで
ひのきもその一部として
有効に働いてくれたということなのではないでしょうか(うろおぼえ)


ということで裏面確認

PA037962



広島県産のフレッシュな柑橘類など9種類のボタニカルを原料に使用・・

なんかシャンプーのCMぽいけど、美味しいんですよほんとに。

シブいラベルもいい。

PA037963



PA037964


PA037965



名前は『桜尾』

まろやかで、飲みやすいジンです。

次の日残ったことがありません。
いいお酒って、体にもイイ。


秋の夜長の
良いお供ができました。




ピンクのボトルもあるみたいですね。
そちらもジン。

次はピンクボトルにしてみようかな・・








↑このページのトップヘ